京都で未来のためのリサイクルを心がけよう

京都で未来のためのリサイクルを心がけよう

財布

様々な物をリサイクルしよう

資源の問題が取り上げられている現在、様々な物をリサイクルすることで、ゴミを減らそうという試みを、多くの人達が実行しています。たとえば、新聞や雑誌などから排出される古紙をトイレットペーパーなどに再利用する働きは有名なものです。他にもペットボトルのリサイクルやアルミ缶のリサイクルなども、昔から行われているリサイクル方法を強化していく働きもあります。

財布

古紙を再利用することで森林を守る

京都にあるリサイクル回収会社では、限りある資源を守るために、様々な取り組みを行なっています。その一番の取り組みが、古紙の回収ならびに再利用です。近年、紙の原料とされている木材が、世界的に減少していることで、将来的に森林がなくなるのではと危惧されています。そのため、現在ある古紙を再利用することで、木材の使用量を減らし、森林を守る運動へ繋げているとされています。

貯金箱

回収業者を利用することはリサイクル活動

エコ活動やリサイクル活動を行わなくてはと考える人も多くなる一方で、どんな事をすればエコに繋がるのかなどの疑問を持つ人は少なくありません。そんな悩みを簡単に解決してくれるのが、回収業者です。回収業者を利用するのはもちろんのこと、古紙やペットボトルなどを持ち込むことも、エコ活動やリサイクル活動に繋がる行動になります。理由として、多くの回収業者が、回収した古紙やペットボトルなどを、新たなものへ再利用する運動を取り組んでいるからです。

資源ごみとしてよく持ち込まれるモノ

電卓
no.1

雑誌や新聞などの古紙リサイクル

一般家庭や企業から排出されるので一番多いのが、古紙です。そのため、回収業者へ多く回収されるのもまた、古紙となります。多くの人が、個人情報が乗っているからなどの理由でためらわれる事もありますが、機密文書が紛れている可能性も考慮して、きちんと破壊処理を行います。また、溶解処理と呼ばれる方法もあるため、問い合わせてみるのもいいかもしれません。

no.2

廃プラスチックやペットボトル

プラスチックは様々な形で、身の回りに存在します。包装材や断熱材に使われる発泡スチロールなどの固いものから、スーパーのレジ袋に使われるポリエステルなど、様々な形状や素材で利用されています。そういったプレスチックを、圧縮減容処理を行うことで、対応している事もあることから、多く回収されるものとなります。

no.3

リサイクル率が高いアルミ缶

使用されたアルミ缶の約95パーセントがリサイクルに使用されるほど、アルミ缶はリサイクル率の高いモノとなります。アルミ缶は一度のリサイクルで約1000個ほどを、まとめて押しつぶすことで、アルミニウムの原料とされます。その原料を高温で溶かすことで、再度アルミ缶に生まれ変わらせることもできれば、アルミ製品として別の形に生成されることもあるのです。